更別村・K邸 三角屋根、薪ストーブ、断熱、家事動線を重視

03.jpg

Kさんは消防のお仕事をされています。災害時に出動すれば家を留守にすることも踏まえ、マイホームには高断熱高気密、太陽光発電、薪ストーブ、食品庫などいざというときに困らない備えを要望されました。また、子どもの頃から三角屋根の家に憧れを持たれていて、そうした思いも叶えられるように、ハウスメーカーではなく、自由設計の注文住宅を得意とする当社に家づくりをお任せいただきました。

01.jpg

三角屋根を希望したのはご主人。「スタジオジブリのアニメ『魔女の宅急便』に出てくるシンプルで洋風な三角屋根の家に憧れていたんです。朝日社長は10寸勾配(45度)の三角屋根に薪ストーブの煙突やドーマ―(屋根窓)、外壁の色合いなども含めて洋風の外観になるように提案してくれました」

02.jpg

「玄関ドアを両開きで提案してくれたのも朝日社長。プラン提案の段階で、可愛い玄関になると感じましたし、お気に入りです」と奥さま。

07.jpg

玄関ホールは収納力十分なウォークインクローゼットも。

09.jpg

リビングには、ご主人が重視した2つめのポイント、薪ストーブがありました。ハースストーン社製の薪ストーブで、素材は鋳鉄の約2倍の蓄熱性がある「ソープストーン」を黒に着色した珍しい一品。家自体が高断熱高気密である上に、蓄熱効果の高い石製の薪ストーブを使うことで、夕方に薪を焚くと、朝方まで家じゅうが暖かく、晴れた日ならそのまま夕方まで暖房ナシで十分暖かく暮らせます。

05.jpg

ご主人は消防署職員なので、震度4を超える地震など災害時には出動で家を留守にすることもあり、不在時に家族を自然災害から守るための設備についても重視しました。庭に10KWの太陽光発電を設置したのは、停電になっても、薪ストーブと太陽光発電があれば、暖房、調理など最低限の生活を確保できるからです。

08.jpg

ご主人は「以前住んでいた賃貸アパ―トは家じゅうがとにかく寒くて、暖房は常時焚きっぱなしでも寒く、家賃と光熱費を合わせると月に8万円を超えることもありました。でもこの家では主暖房が薪ストーブで、一応エアコンなど補助暖房も用意してもらいましたが、断熱性能が良いので補助暖房は使っていませんし、日射の多い日は薪ストーブすら使っていません。しかも太陽光発電の売電単価は天気がよければ1日1000円を超えることもあります。住宅ローン負担増以上に光熱費負担が減ったので経済的なメリットも実感しています」と話してくれました。

10.jpg

LDKは大きな吹き抜けになっています。キッチンの横にダイニングを配置することで、食事と寛ぎの時間を分け、配膳の負担軽減なども実現しました。

11.jpg

カウンター付きの対面キッチン。背面の収納は造作で奥さまと打合せを重ね詳細を決めました。

12.jpg

パナソニックのトリプルワイドIHを採用したところ、フライパンや鍋などを3つ並べて置けるメリットは想像以上に快適でした。

15.jpg

玄関からキッチンに向かう廊下には食品庫(パントリー)があり、買い物帰りにすぐ食品収納しやすいので大変便利でした。

14.jpg

主寝室には大きなウォークインクローゼットも配置。

18.jpg

2階は屋根裏部屋のような楽しさも演出。

では家づくりの経緯を伺います。

家づくりのきっかけは?

13.jpg

ご主人 アパートの寒さが一番の原因でした。子どもが生まれてから少し落ち着いたタイミングで具体的に、高断熱高気密が売りの住宅会社を最低条件として、探し始めました。

住宅会社選びのポイントは?

19.jpg

ご主人 私は北欧の輸入住宅で有名なハウスメーカー・S社が憧れだったんです。でも実際打合せを進めるとテンプレートの間取りが前提になっていて、好きな間取りや仕様を取り入れてもらおうとするとどんどん割高になってしまい、その憧れは早々に断念しました。

奥さま 私は、同年代の友人や知人が、断熱性能が売りのI社で建てている人が非常に多かったので、そのハウスメーカーに興味がありました。床暖房なら暖房機が室内にないから掃除がしやすいといった点にも魅力を感じました。営業の方の説明も大変良かったと思いますし、やっぱり知人など多くの人がI社を選んでいるので、きっといい住宅会社なのかなと思ったんです。ただ図面と見積を出してもらった時には、予算をだいぶオーバーしていたので、正直キュンとはこなかったんです。

最終的にはカントリーヴィレッジに辿り着いたのですね?

ご主人 S社では自由設計が無理だと早々に断念し、I社では、私が憧れていた三角屋根や薪ストーブ、洋風の家のテイストは叶いそうもありませんでした。そこでインターネット検索で「カントリー 家 十勝」などのキーワードで検索したらカントリーヴィレッジのホームページが出てきて、社長の自宅など施工事例の雰囲気が自分の望んでいるものに近いと感じたんです。そこで妻に、カントリーヴィレッジで話を聞いてみようと相談しました。

奥さま カントリーヴィレッジの朝日社長はこちらのいろんな要望をたくさん聞いてくれました。要望をたくさん言えましたし、いろんな要望が実現できるとわかって好印象でした。

20.jpg

ご主人 朝日社長から最初に図面を元にプラン提案してもらった際には、私と、妻と、それぞれの要望をもとに2案出してくれました。その日の打合せの帰りには、妻が「カントリーヴィレッジで決まりじゃない?」と言
っていたと思います。

奥さま 三角屋根や薪ストーブという夫の要望と、間取りや内装など私の要望を叶えてくれて、ユーティリティーと主寝室を、ウォークインクローゼットでつなぐ動線は、大手ハウスメーカーでは無理だったと思います。

ご主人 間取り、仕様、色柄などを自由に話し合えるのがカントリーヴィレッジさんの魅力の一つだと思います。最初に提案してくれた間取りは窓や玄関の配置などが外観デザイン、とくに見た目のバランスを十分に考えてくれた素晴らしい案だったので、最初のプランがほぼそのまま建った感じです。

エクステリアの面での工夫は?

06.jpg

ご主人 ウッドデッキを要望したところ、雨風や雪にさらされて木材が痛むリスクについて説明してくれて、少し費用は増えましたが樹脂製のウッドデッキにしました。メンテナンスなど将来のリスクについてもプロの視点で説明してくれたのが良かった。でもカーポートは家のイメージに合わせて木製にしました。地面に置くウッドデッキよりはリスクは少ないので。メンテナンスはちゃんとやって維持したいと思います。

最後に一言

ご主人 妻の親族に大工がいまして。この家を見たとたん「ドーマー、造作の収納とか、大工は大変だよこの家」って言われました。思えば、工事が始まってからも、スタッフの方にお願いして開口部をアールにしてもらったり、食器棚やクロス、扉の色などの変更をお願いしたり、結構わがままを言ったと思います。でもその分、満足できる、住み心地の良い家が実現できました。

私たちについて